« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月 アーカイブ

2007年09月04日

S様邸新築工事・・・

弊社の近所にてS様邸新築工事が行われます。施工店はN工務店様。歴史は古く、地元ではRC(鉄筋コンクリート)や木造など幅広く対応している工務店様です。
さて今回のS様邸は、とびきりの木造注文住宅で、構造材からとてもこだわった住宅です。これから継続的に報告をしていこうと思っております。

今日は土台敷き(大工さんが基礎に土台を置き、上棟の準備をする事)の現場に伺ったのでその報告をします。
今回は基礎パッキング工法を用いています。基礎パッキンの機能は、基礎と土台の間にすき間を開けて床下の換気を促すことにあります。この方法を採用するのは、従来のように基礎に換気口を設ける代わりに用いられます。土台と基礎を分離させるので、土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぎ、建物の耐久性を向上させる事が可能になりました。また建物の周囲にわたって通気孔ができることになり、全体的に風が通るので、基礎を欠きこんで換気口を設ける場合に比べて、通気量が換気口より多くなるといわれています。
%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3.jpg     %E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B32.jpg

補足ですが、基礎パッキンの素材は一般的に樹脂製で、メーカーによってはさまざまな工夫を凝らしたものがあります。例えば、防振ゴムを使用したものは、基礎や土台から伝わる不快な音や振動を吸収し、予期しない地震や突風など、外力からくる構造体へのひずみや亀裂を軽減したり、その弾力性と密着性によって基礎と土台を緊密結させるなどの効果も期待できるものもあります。
 さてさて、材木屋なのに、随分脱線してしまいましたが・・・今回の土台にはヒバを使用しております。最近では防腐、防虫加工をした木材を使用する事が多いのですが、今回はヒバを採用しました。ヒバは、もともと防虫効果が高く古くから使用されている木材です。近年では土台に5寸角(150mm)や集成ヒバなどを使用する事も多くなってきました。(その他にも和室造作材やフローリングにも活用されています)ヒバは天然の防虫効果が期待できるため特別に防腐、防虫加工は行いません。(基礎との間には防腐材を塗りましたが)またヒノキチオールという成分を多量に含んでおり、健康にも一役買っています。
%E5%9C%9F%E5%8F%B0%E7%B6%99%E3%81%8E%E6%89%8B.jpg     %E5%9C%9F%E5%8F%B0%E5%85%A8%E6%99%AF.jpg

この土台敷きが完了すると晴れて棟上げになるのですが、今回はちょうど台風が来てしまったので、棟上げはしばらくお預けです・・・                                          ・・・続く

2007年09月13日

続 S様邸新築工事  ~上棟~

前回台風のために延期となった棟上げでしたが、9/10に無事行う事が出来ました。実際には小雨が降ったりやんだりととても不安定な状態の中でしたが栄えある一歩を踏み出すことが出来ました。施主様、工務店様におかれましては今回の取材を快く了承くださいまして誠にありがとうございました。この場をお借りして感謝を述べさせていただきます。また同時に皆様のご発展、ご繁栄をお祈りさせていただきます・・・

さて今回の棟上げでヒコネが納めたものをいくつか紹介したいと思います。はじめに紹介したいものは檜(ヒノキ)の柱です。無垢の材料で背割りをしています。
背割りというのは柱の一面を意図的に割り、柱が割れることを防ぐために行います。なぜ背割りをしないと割れるのか?疑問を持つ人もいると思います。それは木材は乾燥が進むと収縮する習性があり、収縮率は木材の部位により異なります。そのため背割りをしていないとどこかが割れてきてしまうのです。背割りをするとその割いた部分が収縮するため割れる事が少なくなります。また柱などは木の芯材を使用する事が多いので薄い板と比べて収縮率が部位により大きく異なるためにそのような現象が起こりやすくなります。また背割りの部分からは外側に開いてくるので、はじめはきれいな正方形の柱でも時間の経過とともに台形になっていきますので、背割りの面をどの位置に使用するかも様々考えられて選ばれています。(後々影響が出にくいところを選びます)これは無垢の柱の定めといったところですが、そのような自然変化を楽しめるのも材木屋冥利につきると私は思います・・・
%E3%83%92%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%80%80%E8%83%8C%E5%89%B2%E3%82%8A.jpg  %E5%8C%96%E7%B2%A7%E9%83%A8%E5%88%86.jpg 
しかし最近ではその狂い(上記のような自然変化をそう呼びます)の少ない集成材(薄い板を張り合わせて作る柱)を使用する機会が多く、無垢の柱といっただけでもなかなか貴重な材料なんだなぁと感じる今日このごろです。
そして次に目にとまるものといえば梁(はり)の先端部分の保護シートに包まれた部分です。これは化粧と言って完成時に木材がそのまま出てくるところです。そしてそこを保護シートで守っています。
化粧の部分では役物と呼ばれ、節が無い、また少ない材料が使用されます。なぜかというと、それはきれい?だからですかねぇ?それもありますが昔から木材の節が無い部分は狂いにくい上一本の木から取れる場所が少ないからとても貴重であり、木材のグレードとしても非常に高かったからです。
皆さんご存知かと思いますが、木は年輪を重ねて大きくなります。その中で無節(ムジ)がとれるのは本当に一部分になります。まして大きく長く使用するとなると尚のこと貴重な材料になります。木は同じ寸法に割いてもまったく同じものは存在しないものです。節のある場所が違ったり、板目が違ったりと形は同じでも内容がとても変わってしまいます。皆さんもホームセンター様に行く機会があれば見比べてみると面白いかも知れません。同じようなものでも見方を変えるとなかなか楽しめると思います。
さて個人的な感情が少し暴走してしまいましたが、木材のちょっとした所にこだわるとまた少し違った印象を得られると思います。またこのような情報を発信する機会があれば公開していきたいと思っております。
悪天候ながら順調に棟上げは進み母屋、棟木(屋根部の下地になる材料)まで組み込んだところで本日は終了となりました。立派な建物が完成するのを私たちも楽しみにしております。

2007年09月28日

T様邸新築工事 絞り丸太

しばらくぶりの更新になってしまいましたが、今回はT様邸新築工事になります。 
T様邸新築工事は実際に棟上げするのは10月に入ってからの予定なのですが、施主様の意向で床柱(和室の床の間の部分に立てる化粧の柱)の現物を見て決めたいとの要望を受けまして実際の柱をみてもらい決断していただきました。

さて床柱といっても実に色々な種類があります。四角いものや丸太状(自然木を絞り丸太、加工木を磨き丸太と呼びます)のもの、皮付きの丸太や変木、出節、面皮など、さらに材種(杉、桧、黒檀、桜、ケヤキ、カリン等々)、そして無垢材(芯までその材料)か貼り物(表面に薄く上記の板を貼り付けているもの、その中でも薄貼り、厚張りがある)にするか、寸法はどれくらいの大きさにするかなど、条件を上げていくときりがないほど色々あります。
その中で杉の絞り丸太に種類を決めて天然絞りを2本銘木屋さんにお借りして見ていただきました。実は事前の打ち合わせの時に並絞り(人工的に絞り柄をつけたもの)を見ていただいていたのですが、好みの絞り丸太は無く今回に至りました。
 並み絞りと天然絞りの違いを簡単に言うと並絞りは人工的に作るため柄が単調な様相になりますが、天然絞りはだいぶ差があります。軽くくびれているものや絞りの深さが違うなど、ものによって様相がとても違います。では何が良いか?といっても結局のところそれぞれ個人の感覚によるところが大きいので施主様自身に選んでもらいました。
 家というものはほぼ一生のお付き合いになるものですから、そんな細部にまでこだわった住宅作りのお手伝いを今後もしていきたいと思います。
T%E6%A7%98%E9%82%B8%E7%B5%9E%E3%82%8A%E4%B8%B8%E5%A4%AA1.jpg 天然絞り2本


%E7%B5%9E%E3%82%8A%E4%B8%B8%E5%A4%AA3.jpg

結果、樹齢推定50年の天然絞りを選んでいただきました。実際の建物に組み込まれるころまた報告をしたいと思っています。

About 2007年09月

2007年09月にブログ「ヒコネのブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年08月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34